彼とガン。9

彼とガン。
クリームパン
クリームパン

今回も私メインのお話になります。

前回のお話はこちら


病院から駅までの道のりは、バスの窓から見た景色を頼りにするしかありませんでした。なぜ当時、グーグルマップなど地図アプリを使わなかったのか…不思議ですね。

「とりあえず歩けば着く。」
そんな自信があったんだと思います。


しかし、そんな自信もあっけなく、雪で辺りの建物も白くなったせいで、いつも見ていたはずの景色が分からなくなりました。

歩いても歩いても、人一人すれ違わない。病院から駅までの間にすれ違った人は、イラストにも出てきた親子1組だけです。本当に出会えてよかった。

もし、ここで会えていなければ、私はずっと大雪の中さまよっていたと思います。

そして補足ですが、この時に履いていたのは、ムートンブーツ。
雪と最悪な組み合わせでした。

長さがないので歩くたびに、雪がブーツの中に入ってきて、さらに防水機能がなかったので、
外側から雪がしみてくるという大変辛い状況でした。

まだまだ、試練は続きます。

コメント

error: Content is protected !!