彼とガン。15

彼とガン。
クリームパン
クリームパン

こんにちは、クリームパンです

前回のお話はこちら

彼とガン。14
クリームパン こんにちは、クリームパンです。 本格的な梅雨の時期がやってきましたね。 洗濯物がたまりすぎて、コインランドリーも 利用してやっつけてます。(;´・ω・) 前回のお話はこちら...

医師の適切な対応により体調は落ち着き、
無事に予定日に移植を行うことができました。

入院したばかりは、
病気のことをたくさん調べていましたが、
ネット情報に振り回されないように、
途中からは医師の話だけを信じ、
調べることをやめました。

おかげで骨髄移植は、
手術室で行うものだと勘違い。

ドナーさんは全身麻酔をして、
骨髄液の採取を行いますが、
移植を受ける側は、点滴で全身に送ります。

 

ゆっくり、ゆっくりと…

 

頂いた骨髄が正常な血液を作りだし、
残っている白血病細胞をやつけ、
再発を防ぎます。

 

看護師さんが見回りに来た時に、
「写真撮りましょうか?」と言われたときは、
びっくりしました。

 

写真??

なんでだろう?

 

今だに理由は謎のままですが、
ドナーさんのおかげで、生きることができる

「ここまで辛い治療よく頑張ったね」

「これから楽しいことが待ってるよ」

そんな新たな人生のスタート記念日
として撮ったのかな?なんて思ってます。

 

当時、彼に骨髄を提供してくれたドナーさんへ

その節は本当にありがとうございました。

おかげさまで、彼は完治することができ、
今では好きな仕事に就いて、
毎日忙しそうに働いています。

ちょっと頑張りすぎなところが心配ですが…

妻として、彼の健康を第一に考え、
これからも仲良く暮らしていきたいと思います。

末筆ながら、ドナーさんとご家族の
ご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


 

移植が終わっても、入院生活はまだ続きます。

コメント

error: Content is protected !!