妊活日記72(胚盤胞移植②)

妊活日記
クリームパン
クリームパン

こんにちは、クリームパンです。
今回のお話から、クリニック再開です!!

前回のお話はこちら


AMHの検査は、転院する前の病院で受けました。

その時は、数値が高いことに対してなにも触れられず、現在のクリニックで何人かの先生に指摘されることがでてきて、何かおかしいのかな?と疑問を持つようになりました。

ネットで調べると30代の平均は3ng/mLくらいのようで、自分がかなり異常値であることに、とても驚きました。さらに調べていくうちに、【多嚢胞性卵巣症候群】というキーワードが目にとまりました。

女性の20~30人に1人の割合でみられる、排卵障害のひとつ。
たしかに、月経周期が長かったり、毛深いなど、当てはまる項目がいくつもあり、私も多嚢胞性卵巣症候群なのかな?と思い始めました。

クリニックの先生からは、きちんと専用の検査をしないと、病名ははっきりと伝えることはできないとのことで、「可能性としては高い」と言われました。

男性不妊×排卵障害

妊娠への道のりがさらに厳しくなりました(笑)

コメント

error: Content is protected !!