妊活日記39(顕微授精⑪)

妊活日記
クリームパン
クリームパン

こんにちは、クリームパンです。
今回のお話は、採卵後のお話です。

前回のお話はこちら


ひとまず、体外受精の第一段階が終わりました。

検査から始まり、ホルモン剤を使って卵胞を育て、点鼻薬や座薬で採卵準備をし、やっと2個の卵子を回収できました。次のステップは、卵子と精子が無事に授精してくれる事ですね。

顕微授精は、採卵した日に行い、受精卵ができるのを待ちます。
きちんと授精できれば、卵の分割が始まり、だんだんと育っていきます。


ついさっきまで、採卵のことで頭がいっぱいだったのに、今度は授精するかどうかで頭がいっぱいです。なかなか気が休まりませんね。


培養士さんからの卵子と精子の説明に関しては…

<卵子>
・2個とも成熟卵。見た目は問題なさそう。
・No,1は、形も良く、第一極体がハッキリと写真で確認できた。
・No,2も、形が良い。卵子と一緒に回収された細胞が多く映っていたので、極体が見えずらかった。

<精子>
・精液量  4㎖
・精子濃度 80万/㎖
・精子の数が少ない。
・精子洗浄を行うと20分の1くらいに数が減る

とのことでした。運動率や奇形率の話はなかったので、分かりません。



不妊治療をはじめてから、これまで何度も「精子が少ない」と言われ続けていますが、あまり気にしたことはありません。

私たちにとって、
病気を経験したことがかなり大きくて、

クリームパン
クリームパン

生きているだけで運がいい!


という考えのため、精子が少ないことなんて気になりません。
むしろ、見つかったことに関しても「運がいい」と思っています。



だから今回の治療もきっとうまくいく!!

そう信じています。


不安なこともたくさんあるけど(特に金銭面)、できるだけポジティブ思考でいきたいですね。

つづく

コメント

error: Content is protected !!