妊活日記38(顕微授精⑩)

妊活日記
クリームパン
クリームパン

こんにちは、クリームパンです。
今回も採卵のお話のつづきになります。

前回のお話はこちら


はじめての採卵。
無事に終了しました\(^-^)/

採卵室に呼ばれるまでは、本当に怖かったし、痛かったらどうしよう?苦しい思いをしてまで子どもがほしいの?と、ネガティブな思考がぐるぐるとしていました。



しかし、実際採卵が始まると…

クリームパン
クリームパン

あれっ?全然痛くない。
針刺しているんだよね??


採卵中は、力が入らないように深呼吸に意識を向け、モニターをずっと見ていました。ググっと押された感覚はありましたが、注射のような刺した痛みも一切感じず。

看護師
看護師

この点線が採卵針ですよ。

という声をかけられて、すでに針が刺さっていることに気づかされました。




モニターには、黒い楕円状の卵胞が映し出され、だんだん吸われて小さくなりました。時間としても、1分くらい?あっという間に回収されました。

クリームパン
クリームパン

あぁー。吸われていく。
卵子がきちんと入っているといいな。


左右1つずつ採卵を行い、最後は止血止めのガーゼを入れて終了。
消毒~採卵終了まで、10分くらいだったと思います。


そのあとは、ベッドルームに戻り、20~30分ほど安静タイム。
前日あまり眠れなかったので、仮眠しようと思いましたが、採卵数の報告や術後の痛みの確認に看護師さんがやってくるため、眠ることはできませんでした。


安静タイムが終わったら、トイレに行き止血用ガーゼを抜き取ります。
タンポンを抜く時と感覚は同じですが、ガーゼが長いから地味に痛い。血があまり付着していないので滑らないし、引っ張っても、引っ張っても終わらない。(苦笑)

どうにか抜き取り、受付に報告をして採卵フロアを後にしました。


つづく

コメント

error: Content is protected !!